七五三まめ知識・七五三の由来について

七五三とは

七五三は、子供が7歳・5歳・3歳の節目の年の11月15日に神社・お寺にお参りして、子供が無事成長したことに感謝し、今後の健康を祈祷する行事です。 発祥は江戸時代、11月15日に徳川綱吉の長男 徳松の健康を祈ったことから始まったとされています。その後各地に年中行事として広まり、現在でも日本の風習として盛んに行われています。

七五三の意味

七五三は各年齢に意味があります。3歳は「髪置きの儀」。江戸時代は男女ともに3歳までは髪を剃る習慣があり、それを終了し髪を伸ばし始める歳です。5歳は「袴着」。男の子が袴を着用し始める歳だったことからきています。7歳は「帯解きの儀」。女の子が大人と同じ幅広の帯を結び始める歳だったことからきています。

七五三写真撮影ページに戻る