就活ヘアスタイルのポイント

就活ヘアスタイルのポイント

就活生にとって、どうすれば相手に少しでも良い印象を与えられるかは大きな関心ごと。本格的な就活が始まる前に、美容院で髪を切ってもらったり、髪の色を暗くしたりして準備を始める方も多いですよね。そこで、ヘアスタイルが就活にどれくらい影響するのか、どんなヘアスタイルがオススメなのかをまとめました。

第一印象が大事

就活ヘアスタイルのポイント

相手がどんな人かを判断する材料の中で、視覚的な情報が最も大きな割合を占めるといわれています。つまり、その人の「見た目」が「内面」を表していると瞬時に判断されることが多いのです。そして、その時の「第一印象」は、簡単にはくつがえることはなく、ながくその印象が残り続けるといわれています。

とくに就活の場では、企業の採用担当者は、限られた時間の中で多くの応募者を評価しなくてはいけないので、就活生にとって第一印象は、採用の合否に関わる重要なポイントになることを心得ておきましょう。

その中でも、履歴書に添付する証明写真は、第一印象を左右する大切な役割を担っています。

・清潔感や誠実さが感じられる
・表情や雰囲気が明るい
・最低限のマナーが守られている

といった点をアピールできるよう身なりを整えることで、相手に好印象を与えられます。

そして、証明写真という小さなスペースの中で、その人の印象の良し悪しに大きく関わるのがヘアスタイルです。いくら良い表情をしていても、髪が整っていなかったり、あまりに個性的だったりすると全体の雰囲気まで変わり、良い印象を与えることができない可能性があります。

外見の印象で損をしないためにも、ポイントをおさえて就活用に髪をセットしましょう。

女性の長さ別おすすめスタイル

就活ヘアスタイルのポイント

女性は、髪の長さによってできるスタイルや与える印象が異なります。似合う長さ、髪質などは個人でそれぞれ違いますが、就活に適したおすすめのスタイルがあるので、長さ別にご紹介します。

【ロング、セミロング】
長さのある髪は、後ろで一つに束ねるスタイルが基本です。おくれ毛や触覚は出さず、耳が見えるようにしてゴムで少し強めに束ねます。前髪に長さがある方は、額が出るよう一緒にまとめましょう。誰でもきれいに仕上げることができるポニーテールの他、CAなど業種によってはアップにまとめる髪型が好印象を与えるケースもあります。その場合は、落ちてくる毛がないようにピンや整髪剤でしっかりまとめます。

【ミディアム】
肩につくかどうかくらいのミディアムヘアは、ポニーテールが難しいことも。ダウンスタイルにする場合は、耳にかかる部分はピンで留め、毛先が遊ばないようきれいに整えます。全体にツヤが出て髪がまとまった仕上がりに見えるのが理想です。また、少しでも束ねた方がスッキリする方は、ハーフアップという方法も。カジュアルに見えるアレンジなどはせず、崩れることがないよう固めに仕上げます。

【ショート、ボブ】
活動的でさわやかな印象になるショートやボブヘア。髪のクセやボリュームが出てしまう場合には、ヘアアイロンなどを使って抑えます。カールをつけたりせず、自然に流れを整えるように。仕上げにワックスやスプレーを使って崩れないようにします。

男性のヘアスタイル

就活ヘアスタイルのポイント

男性の場合、メイクなどで雰囲気を作ることが難しいため、髪型での印象がより強くなりやすいです。長髪やパーマヘア、丸坊主といったヘアスタイルは個性が強く「悪目立ち」してしまう可能性が高いため、就活には不向きです。トレンドのツーブロックは、段差がありすぎるとカジュアルに見えるので避けてソフトな仕上がりにしましょう。

基本は、

・スッキリと短めの黒髪
・額と耳を出す
・ワックスなどで整える

ということを意識すれば、清潔感が出て好印象につながります。前髪に長さがある男性は、額が出るようにセットし、表情や目力がしっかり伝わるようにします。

志望する業界の求める人物像や、「実直さ」「活発」など自分のアピールしたいポイントに合わせて、どのようなヘアスタイルにするか考えましょう。


就活ヘアスタイルのポイント

性別や髪の長さに関わらず、

・髪が目や耳にかからないようにスッキリさせること
・だらしなく見えないようにきっちり整えること

は、必ず抑えておきたいポイント。

もし、前髪の流し方などに不安があれば、証明写真を撮る際にカメラマンに相談してみるのもよいでしょう。プロの目線からアドバイスをもらえたり、どうしてもおさまらない数本の髪は撮影後に修整してもらえる場合もあります。

ヘアスタイルが、あなたの第一印象をよりよくする材料となるよう工夫してみてください。

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ライン

トピックスへ戻る

TOP