べイビーコレクショントピックスTopics

ニューボーンフォトを撮影しよう!

ニューボーンフォトを撮影しよう

人気が急上昇しているニューボーンフォト。赤ちゃんの誕生を控えるパパやママからの注目度は年々高まっています。「ニューボーンフォトって、どんなものなの?」「赤ちゃんは、どんなポーズができるの?」など、興味を持たれる方も多いでしょう。




ニューボーンフォトってなに?

ニューボーンフォトを撮影しよう

「ニューボーンフォト」とは、生まれたばかりの赤ちゃんの姿を記念に残す写真のことです。新生児の時期だけの小ささやしぐさは、とても貴重で特別なかわいさがあります。


赤ちゃんが誕生した喜び、感動を写真としてカタチに残しておきたいというご両親の思いも込められ、ここ数年で特に人気が高まっています。


赤ちゃんの成長はとても早いため、ニューボーンフォトが撮影できるのは生後2〜3週目くらいまでの間です。体をコロンと丸める姿や、すやすやと眠るその表情は、まるでママのお腹の中にいた頃にもらったエコー写真からそのまま出てきたかのような神聖さが感じられます。


ニューボーンフォトの撮影は、専門の知識と技術を持ったカメラマンやスタッフが、丁寧に赤ちゃんをケアしながら行います。




おすすめのポーズや衣装

すやすやと眠っている時間が長い生まれたての赤ちゃん。この時期だからこそできるおすすめのポーズや衣装をいくつかご紹介します。



ニューボーンフォトを撮影しよう

【おくるみで包む】
赤ちゃんの体を柔らかい素材の布で包み込む撮り方です。新生児は、体が包み込まれて丸まった状態になることで、ママのお腹の中にいた時の体勢と近くなり、安心することができるようです。全身をくるむか、手足を出すスタイルにするか、お好みをスタッフに伝えておきましょう。



ニューボーンフォトを撮影しよう

【カゴに入る】

ナチュラルな木のカゴなどにすっぽりとおさまる様子は、赤ちゃんの小ささがより際立ちます。お花や小さなぬいぐるみを添えると、赤ちゃんに似合う優しい雰囲気になります。



ニューボーンフォトを撮影しよう

【パーツをアップで撮る】

新生児の手や足といった一つ一つのパーツは、びっくりするほど小さいものです。パパやママの手を添えるとそのサイズ感がより強調され、後で見返した時にも「こんなに成長したんだね」と感動するでしょう。



ニューボーンフォトを撮影しよう

【衣装】

ニューボーンフォトでは、赤ちゃんに特に負担がなければ、パパやママが希望するものでよいでしょう。生まれたての姿を表現するはだかの格好をしてもらう際には、室温を快適にしておきましょう。また、体はおくるみで巻くことが多いので、ヘッドパーツで個性を出してみるのもおすすめです。ぬいぐるみのような耳つきの帽子、ヘアバンド、花冠などで赤ちゃんをより可愛くしてあげましょう。




ママと赤ちゃんに優しい出張撮影

ニューボーンフォトを撮影しよう

ニューボーンフォトに興味はあるけど、写真スタジオまでの移動手段や荷物の準備、授乳やおむつ替えは気軽にできるかなど、まだ生まれて間もない赤ちゃんを連れての外出は何かと気がかりが多くなりがちです。


また、ママの体も出産直後のため十分にいたわる必要があります。無理なく、より安心してニューボーンフォトを撮影してもらいたい方は、出張撮影を検討してみましょう。


らかんスタジオでは、ご自宅への出張撮影を行なっています。経験豊富なスタッフがご自宅へ伺い、撮影・小物のセッティングから赤ちゃんをあやしながらの撮影まで、安心してお任せいただけます。


1日2件までの対応なので、赤ちゃんのペースに合わせながらゆっくりと撮影することが可能です。ご家族にとって慣れた場所で、リラックスしながら撮影を楽しみましょう。

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ライン

トピックスへ戻る

TOP