マタニティフォトの値段はどれくらい?安く撮影するヒントとは

公開

マタニティフォトは妊娠中にしか撮れないとても貴重な写真。赤ちゃんとの大切な時間を形に残したいと願う妊婦さんが増えています。しかし、出産後の子育てには想像以上にお金がかかるもの。これからのためになるべく出費を抑えたいと考える方も多いですよね。今回の記事では、マタニティフォトを検討する際に気になる「費用」について、費用相場や安く撮影するポイントを解説します。マタニティフォトの相場を知り、費用を抑えながらも満足のいくマタニティフォトを残しましょう。

マタニティフォトってどんな写真?

海外で一般的に広がり、最近では日本でも撮影されるようになってきた「マタニティフォト」とはどんなものなのでしょうか。マタニティフォトに込められた想いや、撮影するメリットをご紹介します。

●赤ちゃんと一緒に撮影する最初の1枚

新しい家族の始まりや、お子さまの成長記録の最初の1枚になるマタニティフォト。赤ちゃんと一緒に撮影する最初の家族写真は特別な記念になるはず。お子さまが成長したら、一緒に写真をみながら「ママのお腹の中にいたんだよ」とお話して、産まれるのを心待ちにしていたパパやママの気持ちを伝えるのも素敵ですね。

●お腹に赤ちゃんがいる幸せな瞬間を残せる写真

マタニティフォトは妊婦さんとお腹の赤ちゃんの記念写真。女性としての幸せ、母としての喜び、赤ちゃんに対する愛しさなど、妊娠中ならではの表情や神秘的な美しさを写真に撮ります。マタニティフォトはお腹に赤ちゃんがいる今だからこそ撮れる写真。今後撮影されるお子さまの成長記録の1つとして、大切な記念すべき最初の1枚になるので、おすすめです。また育児が始まると、ゆっくり記念撮影できる時間も少なくなるので、時間に余裕のあるマタニティ期に思い出を残しておくといいですよ。

マタニティフォトの撮影方法によるメリットと相場

マタニティフォトの撮影方法は、大きく「セルフ撮影」「スタジオ撮影」「出張撮影」の3種類に分けられます。それぞれの費用相場とメリットを解説します。

●セルフ撮影の相場

とにかく費用を抑えたいならセルフ撮影がおすすめです。自宅や屋外などお好きな場所でご自身で撮影するため、スマホやカメラなどの撮影機材、衣装、小物、全てお手持ちのもので撮影すれば費用を抑えることができます。

●セルフ撮影のメリット

・体調や都合に合わせて好きなときに撮影できる
・自宅なので移動する必要がなく、負担が少ない
・費用が抑えられる
何度でも撮影することができるので、毎月少しずつ大きくなるお腹を記録することも可能。パートナーに撮影をお願いすれば、お腹の中で赤ちゃんが成長している実感を共有できるでしょう。

●フォトスタジオの相場

スタジオによって異なりますが、スタジオ撮影の場合2〜5万円程度が相場です。撮影料の他、衣装レンタル、ヘアメイク、商品の種類(データ、プリント、アルバム等)などによって料金が変わります。撮影プランに衣装やヘアメイクなどが含まれている場合もあるため、各スタジオのプラン内容と料金をしっかり確認しておきましょう。

●フォトスタジオで撮影するメリット

・マタニティフォトにぴったりの衣装や撮影アイテムがたくさんそろっている
・ヘアメイクをしてもらえる写真スタジオもあり、自分で準備する必要がない
・気候に左右されることがなく、室温や照明などが整った環境で撮影できる
・個室スタジオなら人目を気にせず撮影を楽しめる
マタニティフォトに対応している写真スタジオは、撮影に適した環境と安定したクオリティで人気が集まっています。妊婦さんファーストで撮影を進めてもらえるので安心感があります。

●出張撮影の相場

出張撮影の相場は4〜5万円程度です。出張費などがかかるためスタジオ撮影に比べ費用はやや高くなります。撮影場所の使用料金が発生したり、フォトグラファーの経験によって料金設定に幅がある場合も多いので、オプションや追加料金についてもしっかり確認が必要です。

●出張撮影を依頼するメリット

・体調の変化に不安があっても、自宅の付近まで来てもらえるので安心
・リラックスした環境の中で、クオリティの高い写真を撮影してもらえる
・使いたいアイテムなどを持ち運ばなくてもよい
自然の中や思い出の場所などで撮影できるのが魅力の出張撮影。特別感のある写真を撮影したいけど、外出の負担は減らしたいといった場合には、自宅での撮影を依頼することもできます。

スタジオ撮影の費用の内訳

ここではマタニティフォトをフォトスタジオで撮影する場合の費用の内訳をご紹介します。基本の料金に含まれるものと、追加で料金が発生しやすいものを確認しておきましょう。

●基本の撮影プランに含まれるものを確認しよう

プランの内容はフォトスタジオによって異なります。基本のプランに何が含まれているのか、何にオプション料金がかかるのかを予約前にしっかり確認しておくことが大切です。

撮影料金
0〜5,000円程度
フォトスタジオでの撮影は高いというイメージがある方もいるかと思いますが、マタニテフォトは撮影料が無料のスタジオもあり、比較的お手頃な料金設定になっていることが多いのは嬉しいポイントです。しかし、値段の安さだけで選んでしまうと、撮影できる背景の種類やカット数が少ない場合もあるので注意しましょう。
撮影時の衣装
0〜10,000円程度
マタニティフォトを撮影しているスタジオでは、マタニティフォト用の衣装のレンタルを行っている場合が一般的です。無料でレンタルできるスタジオと有料でのレンタルになる場合があります。スタジオに用意がない場合や、好みの衣装がない場合はご自身で用意しましょう。マタニティフォト用ドレスの購入はデザインが豊富なネット通販がおすすめ。3,000〜10,000円程度の商品が豊富に揃っています。
撮影で使う小物
おしゃれなマタニティフォトを撮影するために色々な小物を使ったアイデアがあります。マタニティフォトを華やかに演出するサッシュベルトや、赤ちゃんの誕生を待ち望む気持ちが伝わる定番のウェルカムガーランドなど、スタジオに小物が用意されている場合はご自身で準備の必要がなく費用を抑えることができます。

●フレームやアルバムなどの商品代

数千円〜10万円程度
お手頃なプリント写真から、台紙、アルバム、データなどさまざま。台紙やアルバムの材質や装飾、入れられる写真の枚数などによって価格が変動します。

マタニティフォトで少しでも綺麗な姿を残す方法は?

妊娠は人生の中でそう何度も経験できることではないでしょう。妊娠中にしか撮影することができないマタニティフォトは、せっかくだから綺麗な姿で撮影したいですよね。後悔のないマタニティフォトにするために、少しでも綺麗な姿を残すためのオプションをご紹介します。

●プロのヘアセット・メイク

印象を大きく左右するヘアセットとメイク。マタニティドレスに合うヘアセットや、写真映えするメイクなど、素敵なマタニティフォトを残すためにヘアメイクにこだわりたい人は、スタジオでお願いしましょう。対応していないスタジオの場合は、撮影前に美容室やメイクサロンで行う方法もあります。

●肌や体型のレタッチ

肌が敏感になったり肌荒れしやすくなったり、体型が変化する妊娠中。今までとは違う自分の姿に自信がなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。スタジオによっては、レタッチで肌を綺麗に整える修整や、気になる二の腕やフェイスラインを自然にカバーしてくれるサービスがあります。気になる方は写真の仕上がりの違いについても予約前にチェックしておくと安心です。

マタニティフォトの費用を抑えるポイント

●撮影プランの選び方がポイント

フォトスタジオや出張撮影カメラマンによって撮影プランは様々です。「安いと思って予約したのに、色々な追加料金が必要だった。」といったことが無い様に、基本のプランに含まれるものをしっかりと確認しましょう。

●平日の撮影がおすすめ

土日祝日料金が追加になる場合があります。平日は撮影料金が安いだけでなく、お得なキャンペーンなどを行っている場合もあるので調べてみてくださいね。

●自分で準備して費用を抑える

追加料金がかかりやすい物の中には、自分で準備をした方が安く済む場合があります。撮影衣装・小物の準備やヘアメイクを自分で行ったり、アルバムやグッズの作成を外部のサービス活用するなど、こだわる部分と費用を抑える部分のメリハリをつけることが大切です。

●とにかく費用を抑えたいならセルフ撮影

自宅や家の周りで飾らない自然体の雰囲気を撮影できるのが魅力のセルフ撮影なら、特別な衣装や小物がなくても素敵なマタニティフォトを撮影することができます。ファーストトイやベビーシューズなど、赤ちゃんのために用意したものと一緒に撮影するのもおすすめ。誕生を心待ちにしている様子が伝わる一枚になりますよ。

らかんスタジオのマタニティフォトは衣装と小物のレンタルが無料

らかんスタジオのマタニティフォト撮影は、基本の撮影にマタニティ用の衣装や撮影小物のレンタルが含まれているので、手ぶらでご来店OK!ドレスからカジュアルまで豊富な衣装や、人気の小物を無料でレンタルできるスタジオで、おしゃれなマタニティフォトを撮影しませんか?
色々なシーンを撮影できるスタジオは、個室スタジオで人目を気にせずリラックスして撮影をお楽しみいただけます。写真の明るさや色味を調整し、全体にふんわり滑らかな肌質になるよう整えており、お腹の産毛や妊娠線も、ライティングの工夫や修整で目立たないようになるのでより美しい姿を写真に残すことができます。マタニティから1歳のお誕生日までのお写真で1冊の成長アルバムを作成する「ベイビーコレクション」もたくさんのママにご好評いただいています。

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • インスタグラム
  • ライン
  • ピンタレスト
  • ツイッター

マタニティトピックスへ戻る

TOP