女性が成人式で用意する服装|スーツやドレスを着用しても良い?

女性が成人式で用意する服装|スーツやドレスを着用しても良い?

成人式における女性の定番の服装といえば、振袖を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ハレの日にふさわしい特別感を出せる振袖姿は人気が高く、着るのを楽しみにしている方も少なくありません。ただ、なかには「成人式で振袖を着たくない……」「スーツやドレスで出席しちゃダメ?」と思う方もいるでしょう。今回は、成人式を控えた女性に向けて、服装マナーや注意点、当日までに準備しておきたいことなどを解説します。成人式の服装について疑問があるときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【女性向け】成人式の準備内容

成人式の女性の服装マナーについて知る前に、まずは当日までに準備しておくことをご紹介します。衣装やヘアメイク、撮影の予約は早めに済ませましょう。

【女性向け】成人式の準備内容s

●成人式当日の服装を決める

成人式では振袖を着用する女性が多いですが、衣装を持っていない場合は購入もしくはレンタルする方法があります。振袖を選ぶ際には、身長や体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。たくさんの色や柄があるので、ご自分の好みに合わせて選びましょう。着物を選ぶ場合は、着付けの予約も忘れずに行います。

衣装をレンタルする場合は早めに予約することが重要です。特に人気のある柄やブランドの着物は予約が取りづらいこともあるので、余裕を持って1年前から準備したほうが良いでしょう。なかには2年前からレンタルの手配をする方もいます。成人式直前になってしまうと、当日の着物屋や写真スタジオの予約が取れない可能性もあるため気をつけましょう。遅くとも3カ月前には予約しておくと安心です。

●ヘアスタイルを決める

成人式の髪型は、衣装や髪飾りに合うものを検討しましょう。ヘアセットが必要な場合は、忘れずに予約を済ませておくことが大切です。振袖の着付けと一緒に、ヘアセットやメイクをしてくれる美容室や写真スタジオもありますよ。プロの手によるヘアメイクできれいに装うことで、一生に一度の成人の日がもっと特別なものになるはず。また、ヘアセットやメイクのスタイルは、事前にイメージを伝えておくとスムーズです。ネットのヘアカタログなどからイメージに近い写真を選び、スタイリストに見せるのもおすすめです。

●写真撮影の予約をする

成人式で記念撮影をする場合、写真撮影のタイミングも事前に決めておきましょう。成人式シーズンは混雑しやすいため注意が必要です。前撮りをする場合は、都合の良い時期に撮影予約を入れやすいのがメリット。また、成人式当日や後日に記念写真を撮る人もいます。ご自分のスケジュールが合いやすいタイミングに撮影しましょう。

予約の際には、希望の日時や撮影スタイル、プランについて相談します。衣装のレンタルやヘアメイクの予約も撮影日に合わせて入れておきましょう。

【女性向け】成人式の衣装はスーツやドレスでも良い?

【女性向け】成人式の衣装はスーツやドレスでも良い?

成人式はお祝いの式典であるため、礼装を着用することが一般的です。振袖は未婚女性の第一礼装であり、格式高い正装となります。縁起が良いとされていることもあり、成人式では振袖を着る人が多いのです。ほかではあまり着る機会がなく、「せっかくなら振袖姿を楽しみたい!」という理由で振袖を選ぶ人も。

ただ、成人式の服装に決まったルールはありません。振袖を着ずに、スーツやフォーマルなドレスを選ぶ方もいますよ。「和装より洋装が好き!」という場合も、振袖以外の格好が選択肢に入ります。

また、「振袖には憧れるけど動きにくいのが嫌」「着崩れるのが心配だから楽ちんな服装で参加したい」という方もいるかもしれませんね。そんなときは、前撮りや後撮りで振袖を着て、式典はスーツなどを着るのも一つの手です。

振袖やスーツなどを着ない場合も、清潔感のある服装を心がけましょう。成人式は新成人の門出を祝福する行事であるため、自立した大人としてお祝いの場にふさわしい服装を選ぶことが重要です。あまりにカジュアルな服装はTPOに合わないため避けたほうが良いでしょう。

【女性向け】成人式当日までにしておきたい準備のポイント

成人式は寒さが厳しい時期に行われることが多いため、防寒対策をすることがおすすめです。また、当日に二次会に参加する予定がある場合は、二次会用の服装も決めておきましょう。

【女性向け】成人式当日までにしておきたい準備のポイント

●防寒対策をしておく

一般的に、成人式は1月の第2月曜日に行われます。寒さの厳しい時期となるため、しっかりと防寒対策をしておくことが大切です。特に女性は体が冷えやすいため、防寒グッズなども活用して寒さを乗り切りましょう。振袖を着る場合は、首元にショールを巻くことをおすすめします。ショールは寒さ対策として有効なのはもちろん、着こなしに華やかさを加えられるのもメリットです。手袋やカイロなどの小物も忘れずに準備しましょう。

衣装の下に薄手のインナーを着ることもおすすめです。厚着になりすぎないように、保温効果のある素材を選びましょう。ただ、振袖を着る場合はたくさん重ね着しているので、意外と寒さを感じにくいことがあります。暖房の効いた室内で過ごす場合は、かえって暑くなってしまうことも。着物の下に着こむよりは、ショールや大判ストールなどの羽織れるアイテムで寒さ対策をすると良いでしょう。使い捨てカイロを使う場合も、服に貼るタイプは避けたほうが無難です。カイロをバッグに入れておき、寒さを感じたときに取り出して使いましょう。

また、着物やスカートなどは足元から寒さを感じやすいため、暖かいストッキングやタイツを着用することがおすすめです。振袖の場合は足首まで隠せるので、厚手のタイツを履いても目立ちにくいでしょう。素足に足袋だけではつま先が冷たくなってしまうことがあるため、下に五本指ソックスなどを着用することで対策できます。

●二次会で着る衣装も決めておく

成人式が終わった後は、二次会が開催されることがあります。友達と久しぶりに会える同窓会として、楽しみにしている方も多いかもしれませんね。式典が終わった後は、二次会までの間に衣装を着替えることが一般的です。特に、振袖の場合は長時間の着用で体力を消耗してしまうことも多いため、すぐに着替える方も少なくありません。振袖のまま参加すると食事の席で汚れてしまう恐れもあるので、できるだけ着替えてから出席したほうが良いでしょう。

二次会の服装は、開催される会場に合わせて選ぶことがコツです。居酒屋やカフェなどのカジュアルな場所では、ジーンズやワンピース、スカートなど、ラフな雰囲気のコーディネートで問題ない場合があります。ホテルやレストランなどのフォーマルな場所では、パーティードレスやパンツスーツ、セットアップなど、上品な装いを選んだほうが良いでしょう。フォーマルな場面で着られる服を一着持っておくと、結婚式やパーティーなどに出席するときにも役立ちますよ。ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーや、パーティー用のバッグなども揃えておきましょう。

また、成人式の疲れが残っている可能性もあるので、着脱しやすく、動きやすい衣装を準備しておくこともポイントです。ヘアメイクを直す時間も考慮してスケジュールを立てておきましょう。

成人式の女性の服装は自分の魅力を引き出せるものを選ぶことが大切!

成人式の女性の服装は自分の魅力を引き出せるものを選ぶことが大切!

成人式は人生の重要な節目となる特別な日です。女性の場合、一般的に振袖を着用する人が多く、スーツやドレスは少数派となります。ただ、成人式の服装に決まりはないので、お好きな衣装を選んで問題ありません。自分自身が輝き、心地よく過ごせる服装を選ぶことで、より素晴らしい成人式の思い出を作れるはず。自分の魅力を最大限に引き出せるスタイルを選びましょう。当日に着る衣装を決めたら、ヘアメイクや着付け、写真撮影などの予約をしておくことも大切です。寒さ対策や二次会の準備なども忘れずに行いましょう。

また、成人式の晴れ姿を写真に残したいときは、写真スタジオでプロのカメラマンに撮影してもらうことがおすすめです。一生に一度の特別な日の姿を残すなら、「らかんスタジオ」へお任せください。「らかんスタジオ」なら、成人式の記念にこだわりの写真を撮影可能です。おしゃれな振袖やドレスなどの衣装レンタル、プロによるヘアメイク・着付けなども行っています。ご家族揃っての記念撮影もOK!気になる方は、ぜひ各プランをチェックしてみてください。

らかんスタジオの写真撮影
URL:https://laquan.com/20th/index.html

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • インスタグラム
  • ライン
  • ピンタレスト
  • ツイッター

成人式写真撮影トピックスへ戻る

TOP

店舗
検索
WEB
予約