<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

節目の歳を無事に迎えたことに感謝し、今後の健やかな成長を祈る伝統行事「七五三」。11月中旬のお参りとあわせて、フォトスタジオで記念撮影をするという方も多いかと思います。

幼さが残る3歳のお子様と小学生になる7歳のお子様とでは、撮影を成功させるための準備も変わってきます。今回は、七五三の撮影で後悔しないためのポイントを年齢別でご紹介します。

また「気がついたら七五三の歳が過ぎていた!」ということがないよう、七五三をお祝いする年齢についても確認しておきましょう。

七五三のお祝いは何歳でするの?

<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いするのが一般的です。ただし日本には、生まれた年を0歳として誕生日に歳を重ねる「満年齢」と、生まれた年を1歳として1月1日に歳を重ねる「数え年」の2つの数え方があります。数え年は「現在の西暦-生まれた年の西暦+1」の式を使うと、簡単に計算できます。

七五三のお祝いは、どちらの年齢でも問題ありません。「3歳は満年齢、7歳は数え年」などミックスしても大丈夫です。また、最近では男女で区別せずすべての年齢で七五三をお祝いする方も増えています。

七五三は、地域・年代によってお祝いする年齢や性別が異なり、はっきりとした決まりはありません。あまり難しく考えず、兄弟との兼ね合いや家族の都合にあわせてお祝いするタイミングを決めるとよいでしょう。

3歳男の子と女の子

<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

3歳の七五三でおすすめの衣装が「被布」です。被布は幼い頃しか着られない特別感のある衣装で、七五三では3歳を逃すと着られなくなります。「可愛らしい被布姿を見られなかった」と後悔しないよう、ぜひこのタイミングで衣装に選んでくださいね。

ただ、3歳のお子様は「初めて着物を着る」というのがほとんど。見慣れない着物への抵抗感、履き慣れない足袋や締め付けで泣き出してしまうことも少なくありません。

事前に着物の写真を見せて「かっこいい服でお写真を撮るの、楽しみね」と気持ちの準備をしてあげましょう。お兄ちゃんお姉ちゃんの七五三写真などがあればより効果的です。

初めて迎える七五三。満年齢と数え年、どちらでお祝いするべきか迷っている方も多いかと思います。数え年で迎える七五三は、幼いあどけなさがたっぷりと詰まった可愛らしい写真が残せることで人気がありますが、人見知りやイヤイヤ期が大変な時期でもあります。慣れないお着物や知らない場所での撮影を考えると、満年齢での七五三がおすすめです。

着物を着たまま撮影やお参り、食事会を1日でこなすのはお子様にとって大きな負担です。撮影とお参りを別日に分けたり、お参りや食事会は洋装に着替えたりと、負担を減らすスケジュールを組んでおきたいですね。

5歳男の子

<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

5歳になると、七五三の意味が理解できる年齢になります。また、スケジュールを伝えれば見通しをもって動けるようになってきます。事前に「かっこいい服でお写真を撮ろうね」「終わったら、神様にお祈りに行くよ」と当日の流れを話しておくことで、撮影やお参りもスムーズに進みます。

5歳の七五三撮影の衣装は、着物に羽織と袴を着用する和装が一般的です。お参りや2着目の撮影で洋装に着替える場合は、スーツを着用します。スーツといっても、レトロな色味の物や明るいストライプ柄など種類はさまざま。さらに蝶ネクタイや帽子、ヘアセットなどでいろいろな表情が楽しめます。

ただ、普段ヘアスタイルをセットする機会が少ない男の子は、慣れないスタイリング剤を嫌がることがあります。事前に自宅でスプレーやワックスを使った「美容院ごっこ」などをしてヘアセットに慣れておくと安心です。

衣装やヘアセットを決める際は、ご両親の好みもあるかと思いますが、本人の希望を尊重しましょう。お子様ご本人が選んだお気に入りのスタイルなら、その後の撮影もご機嫌でいきいきとした表情をみせてくれるはずです。

7歳女の子

<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

7歳の女の子は、色やデザインの好みがはっきりとしてきてオシャレにも興味津々。憧れのアイドルやプリンセスのように、七五三で着飾るのを楽しみにしているお子様も多いでしょう。

人気の衣装や小物は早くから予約が埋まってしまうので、豊富にそろった衣装から自由に選べるようスタジオの予約は4~5月頃の早めに取るのがおすすめです。

7歳になると体力もついて、多少時間がかかる帯の結びや伝統的な日本髪にも挑戦できます。ただし、お参りや食事などで着替える場合は、どちらにも対応できる日本髪を現代風にしたヘアアレンジがおススメです。お着替えの際に髪飾りやカチューシャで雰囲気を変えれば、さらに楽しむことができますよ。


<年齢別>七五三撮影の押さえておきたいポイント

七五三は伝統行事ではありますが、「絶対にこうでなくてはいけない!」という決まりも少なく、時代にあわせ形をかえてきた柔軟性のある儀式です。

大切なのは、お子様の健やかな成長を祈り、家族みんなで温かくお祝いすること。お子様の体調や希望を尊重し、無理のないスケジュールをたてましょう。

また、七五三はお子様だけでなく、大切に見守り育ててきたご家族みなさんにとっても特別な節目の記念です。フォトスタジオなら、普段撮影する側に回ってしまいがちなご両親も、家族一緒に撮影することができます。

ご両親やおじいちゃんおばあちゃんも、ぜひスーツや着物で正装して行きましょう。ご家族の衣装レンタルができるスタジオもあるので、相談してみてもいいですね。

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • インスタグラム
  • ライン
  • ピンタレスト
  • ツイッター

七五三トピックスへ戻る

TOP

店舗
検索
WEB
予約