七五三の母親の服装はどうする?参考にしやすいコーデ例

お子様の7歳・5歳・3歳に、ここまでの成長をお祝いする七五三。子どもたちと一緒に神社やお寺へお参りしたり、記念写真を撮影したりと、ご家族の思い出に残る大切なイベントです。そんな七五三のお祝いをする日、お母様はどんな服装がふさわしいのでしょうか。和装と洋装のどちらにするべきか、お悩みの方もいらっしゃるかもしれませんね。ここでは、七五三の母親の服装を選ぶポイントや、和装・洋装それぞれのコーデ例をご紹介します。

七五三の母親の服装は和装?洋装?

  • お子様の成長をお祝いする七五三の行事では、両親も晴れ着で華やかに装って、家族の思い出に残る1日にしたいですね。気になるお母様の服装マナーですが、基本的には和装と洋装のどちらでもOKです。和装と洋装の選び方は、お好みで決めると良いでしょう。
  • ただし、どちらを選ぶ場合であっても、主役であるお子様よりも目立ちすぎないよう、やや控えめな服装をチョイスすることが大切です。その際、お子様の衣装が洋装なら、お母様も合わせて洋装にするとバランスが良くなります。お子様が和装であれば、お母様は和装と洋装のどちらでもかまいません。

七五三の母親の服装を選ぶポイント

お子様の七五三のお祝いで、お母様はどんな服装を選べば良いのでしょうか。和装と洋装の場合、それぞれのポイントを解説します。おしゃれで上品な印象をつくるために、ぜひスタイルの参考にしてみてください。

  • ●和装の場合
  • 七五三のお祝いに着る着物の種類は、「訪問着」「付け下げ」「色無地」「江戸小紋」などが適しています。フォーマルシーンで着られる着物には、格式の違いがあるため、場面にふさわしい装いを心がけましょう。
  • 訪問着と付け下げは女性の略礼装であり、一枚の大きな絵のように見える絵羽模様があしらわれているのが特徴です。付け下げは訪問着よりも格が下がり、訪問着と比べると簡略化されたデザインの柄行きが多くなっています。お子様が主役となる七五三のような、お母様が控えめに装いたいシーンにもおすすめの一着です。
  • 色無地とは、柄のない無地の着物のこと。背中側に紋(=家紋のこと)が一つ入った色無地は、格式の高い帯とコーディネートすることで、略礼装として着られます。江戸小紋とは、非常に細かな柄が染められた着物のことで、遠目に無地のように見えるのが特徴です。色無地と同じように、一つ紋が入った江戸小紋も、格式の高い帯との組み合わせで略礼装として着られます。色無地や江戸小紋を略礼装として着るなら、ハレの日に華やかさを感じる明るい色味を選びましょう。
  • その一方で、女性の第一礼装である「黒留袖」や、略礼装のなかでも「色留袖」は、七五三のお祝いで着るには格式が高いため注意が必要です。これらは一般的に結婚式で新郎新婦の母親やきょうだいが着ることが多いため、七五三には先ほど挙げたような略礼装のなかから選ぶようおすすめします。
  • ●洋装の場合
  • 七五三のお祝いに洋装を選ぶなら、パンツスーツやスカートスーツ、ワンピース、ジャケットとパンツの組み合わせなど、フォーマル感のあるシンプルな服装がおすすめです。動きやすくて便利なパンツスタイルは、お子様と一緒のお出かけでも安心で、スタイリッシュな雰囲気を演出できます。また、きれいめファッションの定番であるワンピーススタイルは、アウターにジャケットを羽織ることで、きちんと感をプラスできますよ。
  • 洋装の場合、色合いはネイビーやグレーなどのダークカラーが人気で、ブラック・ホワイト・ベージュ系などのベーシックなカラーを選ぶ人も多くなっています。ダークカラーを選ぶなら、インナーのシャツやブラウス、コサージュやバッグなどの小物には明るめのカラーを取り入れるのがコツです。お子様の衣装とのバランスを考えて、派手になりすぎない色合いをチョイスしましょう。
  • なお、洋装のブラックフォーマル(礼服)は正装ですが、華やかに装う七五三のシーンでは一般的に避けられることが多くなっています。お子様の卒園式や卒業式にはふさわしい服装とされますが、華やかさを求められる場面で着るなら工夫してみましょう。たとえば、明るい色のジャケットを羽織るのも一つの手。コサージュやネックレス、バッグやパンプスなどのアイテムに明るい色を多めに取り入れて、華やかさを演出しても良いでしょう。

母親が七五三で着用する服装のマナー

お母様が七五三で着用する服装に関して、事前にチェックしておきたい注意点をご紹介します。七五三の日の装いは家族写真として長く残ることになるため、着こなしのマナーを押さえておきたいですね。

●主役であるお子様よりも目立たせない

七五三はお子様が主役のイベントであるため、ママだけ華美な服装や装飾をすることはマナー違反だと考えられています。七五三の儀式や記念撮影では、まずお子様の服装を準備してから、お子様に合わせてご両親の当日の服装を決めるのがおすすめです。その際は、お母様の持ち物や靴、アクセサリーなどが華美な場合も目立つ要素となりやすいため、お子様とのバランス感を確認しておきましょう。

●パパと服装の格式を合わせる

七五三の日の装いでは、ご両親の服装の格式を合わせることもポイントとなります。夫婦のお二人とも和装または洋装で統一しなくてもかまいません。ただし、母親と父親のどちらか一方だけが普段着で参加するようなことは避けておきましょう。NGな例として挙げられるのは、夫婦の一方がフォーマルまたはセミフォーマルな服装で、もう一方がカジュアルな服装をしているケースです。

●神社やお寺にふさわしい装いを心がける

七五三の儀式では、お子様の成長をお祝いして、家族で神社やお寺を参拝します。神殿でご祈祷を受けることもあるでしょう。そのため、神聖な場所にふさわしい装いを心がけることが大切です。神社やお寺では、肌の露出が多い服装や、ヒールの高すぎる華美な靴、Tシャツやジーンズなどのラフな服装がNGとされていることも。前撮りを行う場合など、お参りのみで記念写真を撮らないとしても、きちんと感のある装いで足を運びましょう。

七五三で着る母親の服装コーデ例

ここでは、お子様の七五三へ向けて用意するお母様のために、おすすめコーデをご紹介します。和装と洋装それぞれのコーデ例をピックアップするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●和装のコーデ例

●洋装のコーデ例

七五三にぴったりな母親コーデでお子様をお祝いしましょう!

ここまで、七五三の母親の服装について解説しました。ご家族の大切な記念日には、お母様も素敵な装いでわが子の成長の1ページに華を添えたいですね。七五三のシーンでは、主役であるお子様を引き立てながらも、お母様も明るく華やかな装いでお祝いの気持ちを伝えたいもの。ご紹介したポイントを参考に、七五三にぴったりな服装をチョイスして、家族の思い出を記念に残しましょう。

七五三を迎えるお子様の前撮りや、お参り衣装レンタルは、らかんスタジオにおまかせください。1組様のための個室スタジオで撮影を行うため、小さいお子様もご家族と一緒にリラックスしてお過ごしいただけます。お参り衣装レンタルは、着付け・ヘアセット・小物がセットになってお得です。パパ・ママ着物プランなら、ご家族揃って和装の写真も! Webからお気軽にプラン説明や見学をご予約ください。

らかんスタジオの七五三撮影
URL:https://laquan.com/753/index.html

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • インスタグラム
  • ライン
  • ピンタレスト
  • ツイッター

七五三トピックスへ戻る

TOP

店舗
検索
WEB
予約